[レビューブログ記事紹介]リード検査調整装置 リードマイスター

11月になりましたね。霜月ですよ、霜月。名前だけでも寒そうですね。

今年も残すところ、2ヶ月を切りました。
8月頃に、メールと、このブログでご案内いたしましたが、今年1回もMYページにアクセスをしていない方は、1月1日にポイントが失効してしまいます!

このブログを読んでいらっしゃる方はたいてい大丈夫だと思いますが、「久しぶりにレビューブログにきてみたよ」という方、早めにログインして、ポイント失効しないようにしてくださいね。

そして、ポイントをいっぱい保持している会員の皆様、アクセスがあれば期限は延長されていますが、なるべくお早めのポイント交換をお勧めします♪
リアルタイムに等価交換ができる、PeXがお勧めです


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

さて今日は、リード検査調整装置 リードマイスターのリリースで
記事を書いてくださった方から、ブログを紹介したいと思います。

リードとは、クラリネットやサクソフォンなどの管楽器の音を出すために使われるヘラのようなパーツです。
通常やすりなどで削ったりして調整するのですが、その微調整がとても難しいんだそうです。
リード検査調整装置 リードマイスターは、そんな難しい調整の手助けをしてくれる装置です。


それではまず1人目は、ささこさんの「ささのは さらさら

音を奏でる|ささのは さらさら

ささこさんは、いろいろな楽器の経験があるそうです。
吹奏楽の楽器、和楽器、打楽器…ホントにいろいろですね!
その中でもリードを使う楽器は、難しくて音が出なかったとか。

音を奏でる|ささのは さらさら

自分がやってみて「難しい」と感じた楽器を、
吹きこなしている人を見ると、本当に格好良く見えますよね!

ありがとうございました!


続いてのりなんさんの「★☆のりなんのネットでお小遣い稼ぎ☆★

★☆のりなんのネットでお小遣い稼ぎ☆★  思い出の曲

のりなんさんは、中学・高校時代に、吹奏楽部・管弦楽部に入っていて
サックスやファゴットなどの管楽器を経験したことがあるそうです!

運動部並みに練習を重ね、日本で初めて演奏した曲の思い出などを
書いてくださいました!青春ですね… (*´∀`)

★☆のりなんのネットでお小遣い稼ぎ☆★  思い出の曲

リードって、10枚中1~2枚しか自分に合わないんですね…。

その残り8割を微調整するとなると、確かに大変ですし、
慣れるまではかなり難しそうですしね。

リードマイスターのページにある、「利用者の声」に
中学生や、学校の吹奏楽部顧問の先生の声がたくさんあるのも
納得だなぁと思いました。

ありがとうございました!


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

さて、9月に募集したTOP画像「」ですが、
1~2月頃に使う「」写真を、12月頃に募集したいなーと考えています!

まだ冬の写真を撮影するには早いかもしれませんが、
シャッターチャンスがありましたら、カシャッと撮っておいてくださいね


それでは∩´∀`∩{ サックスというと、チェッカーズを思い出すよ~

コメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*